三つ子の魂百まで、幼児教育に専念すべし

三つ子の魂百まで、幼児教育に専念すべし

子どもは3歳までに教育すると、その後大きく成長するということわざがあります。

3歳までの脳はとても柔らかく、何でも吸収しようとします。

身の回りのこと、家族のこと、言葉や遊びなどなど大人になるまでに必要な知識を蓄えられる大切な時期なのです。

私の近所の親子連れも、とても教育熱心みたいで感心してしまいます。

幼児教育を積極的に取り入れているらしく、これまで本の読み聞かせや英会話の勉強、音楽の聞き取りなど様々なものに挑戦させています。

子どもの気持ちに合わせて、興味があればやる、なければやらないといった選択もあるので、決して無理やりやらせているわけではありません。

幼児教育の主人公はあくまで幼児自身、嫌なものを強制させても伸びるわけではありません。

子どもが真剣になれるものを探す、これが幼児教育の真骨頂なのです。

私はまだ結婚していないし子どももいませんが、いつかできたら幼児教育をさせたいと思います。

近所の家族のように真剣に子どもと向き合える親になりたいですね。

幼児教育を勧められたので・・

幼児教育を勧められて体験をしてみました。

私は初めて子どもができた新米ママ。

子どもができる前からいろいろな本を読み漁り、勉強はしてきたつもりですが、子育てで分からないことは山ほど出てきます。

でも、子どもはどんどん大きくなっていくもの。

私が子どもについていけないようでは母親失格なのです。

初めての子育てに戸惑っている私を見たのか、ある日ママ友から幼児教育を勧められたのです。

私の子はまだ1歳になったばかりですが、ママによってはこの時期から勉強をさせているというのです。

ええっ、言葉も分からない頃から勉強させるの?と驚きましたが、幼児教育は一般的になってきているそうですね。

幼児教育のサイト

何やら、子どもは3歳ころまでが脳の発達が一番良いらしく、ここで教育をさせると頭の回転が良くなるんだとか。

最初はまだ早いんじゃないかなと高を括ってましたが、あまりにもママ友が勧めてくるので、この前参加してきちゃいました。

私の子は何が向いているのでしょうか。

1つくらい何かやらせてもいいかもしれませんね。